Windows XPサポート終了、クラウドで新しいシステムを導入するチャンス!

マイクロソフト社のWindows XPおよびOffice2003のサポートが2014年4月9日に終了します。

「サポートが受けられなくなっても、パソコンは今までと同じように使えるんだから焦らなくて大丈夫」と、安心していませんか?
実際に、今でも郡山市では多くの中小企業がWindows XPを使い続けています。

このように何の対策も取っていない会社が危ないということは一目瞭然です!

Windows XPのサポートが受けられなくなると何が困るの?

2014年4月9日にサポート期間が終了になると、それ以降はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。
4月以降には、何の対策も取っていない企業を狙い、Windows XPやOffice 2003の脆弱性を悪用する攻撃などが発生すると予想されています。
どんなにスパイウェアやウイルスの危険性にさらされても、今までのようにセキュリティ修正は行われず、とても危険な状態に陥ってしまいます。

警視庁がサポート終了後の危険性を警告した資料によると、遠隔操作や情報流出、犯罪の踏み台にされるリスクが高いため、早急に後継OSへのアップグレードするよう推奨しています。
どうしてもWindows XPを使い続けたいという場合は、インターネットの接続やUSBメモリーなどの仕様は避けるべきと呼びかけています。

もはや、何の対策もせずにサポート終了後もWindows XPを使い続けるという選択肢はあり得ません!
今すぐ新しいOSへの移行を計画しましょう。

クラウドの導入でシステム改善のチャンス!

使い勝手が良いからと、今までパソコンを買い替えてきた人でもあえてWindows XPを選んでいませんでしたか?
しかし、Windows XPのOSがリリースされたのは、2001年のことです。
10年以上も経過した、いわば古いパソコンといえます。

現在、企業でのシェア率が高いWindows 7と比較すると、XPの消費電力は倍にも及びます。
バージョンアップされたパソコンは、省エネ機能も進化しており、起動・動作面ではもちろん速度が向上しています。

Windows XPのサポート終了により、企業では新しい世代のパソコンに入れ替えなければなりません。
ここで、新しい環境へと移行するに合わせて郡山市の中小企業も続々とクラウド導入に踏み出しています。

それはなぜか?
パソコン一台一台の設定の手間や、時間を大幅にカットできることがその理由の一つです。

例えば、新しく購入したパソコンには普段使用するソフトはインストールされていないのでまずはOfficeソフトなどを使えるように設定することでしょう。
しかし、クラウドを利用すれば一台一台にソフトをインストールする必要はなく、インターネットを通じてどのパソコンも同じ環境で作業をすることができるようになります。
今まで、Officeソフトのバージョン違いで互換性に困った経験はありませんか?
クラウドはそのような悩みも解消してくれるのです。

また、中小企業がクラウドを導入するメリットとして挙げられるのがファイルの保管やデータの共有の効率が格段にアップすることです。
ある調査ではクラウドを導入している会社のうち、クラウドによるデータ管理を行っているのは47.7パーセントにも及ぶという結果が出ています。
クラウドへの移行が、あなたの会社の業務を改善・進化させるカギを握っているのです。


クラウドサポート郡山では、郡山市の中小企業の業務改善のために最適なクラウド導入の提案、運用のサポートを致します。
お気軽にご相談ください。

クラウドの導入をお考えのあなたへ
クラウドのメリットって?
クラウドでどんなことができるようになるの?
まずはクラウドの導入からはじめよう

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ