煩雑なデータのやり取りにお困りの企業様

会社を経営していく中で、販促物やホームページなど別々の外注先に依頼している企業も多く、煩雑なデータのやり取りをストレスに感じることもあるでしょう。

弊社では、そのようなストレスを無くす「クラウドストレージ」を活用したデータの整理・管理の明確化、セキュリティ向上、作業効率化をご提案しています。

今回は、当社の新しい取り組みにより、実際に企業が効率化に至った活用法をご紹介します。

クラウドストレージ導入により効率化が成功した企業の活用法

【課題】

A社は広告代理店を挟まず、販促物ごとに発注先が異なっていました。
そのことから下記のような複数の問題を抱えていました。

  1. 担当者が同じデータを各社に送る手間が発生
  2. 転送ツールを使ったデータのやり取りだったので、セキュリティが不安
  3. 外注先の会社同士で知らないうちに勝手にデータのやり取りをされていた
  4. データの保存場所が点在していて、今欲しいものがどこにあるのか誰も分からない
  5. 大切な素材やデータを許可なく使われるなど、悪用される不安がある

そこで、弊社のクラウドストレージを導入。

【解決】

A社は発注先と共有したいデータをクラウドストレージに保存するだけで問題解決!

  1. A社の許可を得た外注先はアカウントを取得し、いつでも自由にアクセスしてデータを確認、使用できる!
  2. 転送ツールを使わずにデータのやり取りができるので、セキュリティの不安がなくなった!
  3. 全てのアクセス履歴が残るので、データを安全に管理できるようになった!
  4. データを一カ所に集約して保存できるので、どこにあるかは一目瞭然に!
  5. 誰が、いつ、どのデータを使ったかなど随時確認できるので万が一のデータ悪用に備えられる!

上記のように、A社は導入後、各種の問題を解決し、効率化に成功しました。

このような活用方法が向いているのは、下記のような企業が挙げられます。

★雑貨店やアパレル業★
・外注先が複数あり、各外注先に個別にデータを送るのが大変
・他社とのデータのやり取りがとても多い
・頻繁に販促物が発行されるので、データがすぐに溜まってしまう
★会計士や税理士★
・日々やり取りする書類が非常に多いため、管理が大変
・お客様の会計伝票など2~3日程でかさんでしまうため、伝票保存の棚がすぐにいっぱいになる
・過去の書類を引っ張り出して確認することが多く、探すのが面倒

データのまとめ役「クラウドストレージ」のススメ

日々煩雑なデータのやり取りに追われてストレスは溜まる一方、もっと効率のいい方法はないの?

そんな悩みを持つ企業様におススメなのは「クラウドストレージ」を活用してデータをまとめ、誰でも見やすく使いやすくすること。

福島県郡山市のクラウドサポート郡山では、膨大なデータの整理や、他企業とのデータのやり取りにイライラを抱えている企業様に最適な解決策をご提案しています。

データの管理にお困りの企業様はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ