Office2003もサポート終了。どんな危険が待っている?

2014年4月9日にWindowsXPのサポートが終了になったことは郡山市の中小企業の皆様もご存知と思います。

しかし、それと同時にワードやエクセルといったMicrosoft社のオフィスソフト、Office2003もサポート終了になりました。

サポート終了といっても、使い続けられるのだから心配する必要なし!と過信していませんか?

Office2003を使い続けた場合のリスクや危険性についてご紹介します。

そもそも、WindowsXPやOffice2003のサポート終了ってどういうこと?

サポートが終了してしまった場合、ユーザーにとって大きく2つの影響があり、一つはソフトウェアに不具合があってもメーカーへ問い合わせを受け付けてもらえなくなることです。

もう一つは、ソフトウェアに欠陥があったとしても、それを改善するためのプログラムが配信されなくなることです。

セキュリティの安全性からいうと、更新プログラムをインストールできないことが何より危険です。

日々新しいウイルスが生み出され、不正アクセスによるサイバー攻撃が行われる中、新しいインターネットの脅威に対応できなくなったWindowsXPやOffice2003は悪意のある攻撃者にとっては格好の的となるわけです。

ある日突然、あなたが加害者になるかもしれない

あなたの会社では、いまだにOffice2003を使っていませんか?

WordやExcelといったオフィスソフトで作成した、例えば顧客リストや経理のデータなど、絶対に外部には漏れていけないデータそのものもサイバー攻撃の対象になります。

あなたの会社内だけならまだしも、ウイルスに感染した状態で顧客や取引先とオフィスソフトのデータをやり取りすることで、相手のパソコンやそのデータを攻撃してしまいかねません。

サポート終了後も何らかの対策を取らずに取引先に危害を与えてしまったとなれば、一気に信用を失ってしまうでしょう。

クラウドへの移行を急げ!いつでも最新の状態に保てるというメリット

Microsoft Officeには、パッケージ版のほかに、クラウド型の「Office365」があります。

クラウド型のオフィスソフトは、常に最新の状態で利用でき、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムが配信されればすぐに適応され、セキュリティ強化につながります。

また、一台一台インストールや設定を行う必要があったパッケージ版とは異なり、クラウド板では設定の手間が軽減されるので、IT担当者の管理負担も改善できるでしょう。

さらに、Office365ではブラウザを通して複数人で共同編集ができる機能が備わっています。

クラウドのメリットを生かしつつ、セキュリティ対策も万全な業務環境を整えましょう。

クラウドサポート郡山では、福島県の中小企業の業務改善や、クラウド導入に関するお悩みなどのご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ