いま大注目のクラウド通貨「ビットコイン」をやさしく解説!

2014年2月28日、マウントゴックスという会社の倒産が大々的にニュースに取り上げられました。

マウントゴックスはクラウド通貨(仮想通貨)「ビットコイン」の大手取引仲介会社であり、利用者から預かっていたビットコインを失ったとして民事再生手続きの申請をしたということです。

このニュースを見たあなたは、「ビットコイン」という言葉をたくさん耳にしたことでしょう。

今回のクラウドサポート郡山からのご紹介は、「ビットコイン?なにそれ?」という疑問をやさしく解説いたします。

ビットコインってなんだろう?

簡単に言うと、ネットショッピングなどで使える「ポイント」のようなものです。
Amazonや楽天でポイントを利用して買い物ができるように、ビットコインというクラウド通貨を使って買い物を楽しむことができます。

しかも、ビットコインは世界で共通で使えるクラウド通貨であるため、インターネットでイギリスの商品を買ったとしても外貨両替をする必要がないのです。

では、このクラウド通貨はどうやって手に入れるのでしょうか?

ビットコインを使うには、それを扱う会社に口座を作り、そこに送金をします。

先ほどの例で挙げたような、インターネット上で使えるポイントを買うというイメージです。

作成した口座を使って、クラウド通貨で支払ったり、受け取ったりすることができるのです。

一方で単なるポイントとは異なる点は、ビットコイン自体が値上がり、値下がりすることです。

これは株と同じ感覚で、安いときに買っておけば儲かることから資産運用目的で購入する人も多いのです。

クラウド通貨のメリットとは?

  • 全世界共通で利用できる
  • 口座を凍結される心配がない
  • 最先端の暗号処理で安全な取引ができる
  • 決済の手数料が安い
  • 銀行を介さずとも個人対個人の取引ができる

クラウド通貨のデメリットとは?

  • 仕組みが複雑である
  • 実態のないお金としての不安感がある
  • 暴騰と暴落を繰り返しているので安定的な実用性が持てない
  • 相場の値動きが激しい

クラウド通貨は、まだまだ法整備がされていないのが現状で、利用のリスクが高いものです。

簡単に支払いができる、お金も儲かるかもしれないという気持ちで安易に飛びつく前に、仕組みと危険性を十分に理解してクラウド通貨の利用をするかどうかの判断が必要になります。

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ