今注目のバーチャルプライベートクラウドとは?

今、中小企業向けのクラウドサービスで高い注目を集めている仮想プライベートクラウド(VPC)。

クラウドサポート郡山から、中小企業でも導入する企業が増加するだろうと言われている、仮想プライベートクラウドについてご紹介します。

企業がパブリッククラウドの導入に不安を感じるのはなぜ?

パブリッククラウドのメリットは、短期間で高機能なサービスをパソコンやスマートフォンなどデバイスを問わずに利用できること。また、低コストで運用管理の手間も少ないという利点もあります。

しかし、パブリッククラウドのさまざまなメリットを感じながら、セキュリティーやサービスの品質に不安を抱えて、なかなか導入に踏み切れない企業も多いのが事実です。

企業ユーザーの不安を解消できないのは、インターネットを経由してクラウドにアクセスしているという要因があります。
そこで、このような不安を解消するプライベートクラウドが注目されているのです。

仮想プライベートクラウド(VPC)とは?

プライベートクラウドは、社内でセキュリティレベルを設定し、カスタマイズも容易に行うことができます。それぞれの企業に個別のクラウド環境を構築することができます。
プライベートクラウドを構築する場合の多くはインターネットではなく、セキュリティの高いネットワークを利用している場合がほとんどですが、その分初期費用が高くなってしまいます。

そこで、パブリッククラウドのメリットを生かしながら、プライベートクラウドに近いセキュリティレベルの高品質な環境をつくることができる「仮想(バーチャル)プライベートクラウド」が注目されています。

仮想プライベートクラウド(VPC)とは、パブリッククラウド基盤の上に、仮想的なプライベート環境を構築する手法です。仮想的に自社ネットワーク専用の環境を備えることができ、いわばパブリックとプライベートのいいとこ取りをしたようなサービスです。

仮想プライベートクラウドのメリットとは?

サービスを提供する会社がデータセンターに保有しているサーバーの機能のみを利用できるというメリットがあり、OS、ハードウェア、管理ツールなどを自社で持つ必要がないため「持たないプライベートクラウド」とも呼ばれます。

ニーズに応じて柔軟にサーバーを用意することができ、ユーザーが運用や管理にかける時間や手間の負荷を大幅にカットできることから、郡山市を含む福島県内でも注目されています。特に、人手に限りがある中小企業にとって必要不可欠なサービスであるといえます。

日本のクラウドサービス会社は、ユーザーの意向を強く反映させた、いわばオーダーメードのようなクラウドを得意としています。ホスティング型のプライベートクラウドであれば、利用料金が高くはなるものの、自社内にサーバーを置くのに比べればコストが下がるため、導入のメリットがあると考える中小企業も多くなるでしょう。

仮想プライベートクラウド(VPC)は今後どうなる?

近頃ではテレビCMでもクラウドという言葉を耳にしない日はありません。

多くの企業にとって、特別な存在ではなく当然の選択肢のように受け入れられるようになるでしょう。

現在、パブリッククラウドの利用はグループウェアや電子メールといった情報系が中心となっています。

これから起業ユーザーのクラウド利用が進む中で、債務や経理、在庫管理といった基礎のシステムもクラウドへ移行する対象として検討されるようになっていくでしょう。

そこで、企業の経営を左右する大事なデータを守るには、システム全体で高いセキュリティレベルが求められます。

仮想プライベートクラウド(VPC)は、パブリッククラウドの高性能かつ低コストのメリットを生かしながら安全性も保つことができるという、中小企業にとってはますます注目するべき選択肢になるはずです。

クラウドの導入をお考えのあなたへ
迷いがちなクラウドの種類!SaaS、PaaS、IaaSの違いとは?
DVI導入本格化!いま話題のクラウドとは?
知っておきたい!パブリッククラウドとプライベートクラウドの違いとは?

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ