クラウドストレージを利用してインターネット上にデータを保存しておくという感覚は、クラウドという言葉の通りふわふわしていてつかめないようなイメージではありませんか?あなたの大切なデータは、いったいどこに保存されているのでしょうか?

あなたの身近にあるストレージ

そもそも、「ストレージってなんだろう?」という方もいるでしょう。ストレージとは、画像や文書や音楽などのデータを保存しておくところです。パソコンの場合、ハードディスクドライブ(Cドライブなど)や、CD-R、DVD-R、USBメモリなどがあります。携帯電話ではフラッシュメモリや、取り外し可能なmicroSDがよく使用されています。ストレージという言葉を聞くと難しく感じますが、実はあなたの身近に存在しています。

インターネットにデータを保存できるオンラインストレージ

多くの携帯電話やタブレットは、microSDを装着してパソコンからデータを移動させることができます。一方でiPhoneにはmicroSDを挿入する場所さえありません。そのような機種では、他のコンピューターとの間でデータのやり取りが気軽にできるオンラインストレージを使用することがあります。

オンラインストレージはクラウドストレージとも呼ばれ、他のコンピューターとデータのやり取りができたり、容量がいっぱいになることを気にせずにストレージを使うことができます。スマートフォンの場合、基本的に常にインターネットに接続されていますから、いつでもデータにアクセスすることができるわけです。

クラウドストレージにアップロードしたデータはどこに保存されているの?

クラウドストレージにデータを保存するとき、そのデータはサーバーに保存されていきます。あなたがインターネットを使用しているとき、「サーバーに接続しています…」「サーバーのメンテナンス中です…」というようにサーバーという文字をよく目にしませんか?

サーバーは英語でserver、つまりサービスを提供する者という意味です。クライアント(依頼人)に対して機能やサービスを提供する役目を持っていますが、ここでいうクライアントがあなたが使用しているパソコンです。一言でサーバーといっても、ウェブサイトを閲覧するためのwebサーバー、メールを送受信するためのメールサーバー、データを保存しておくためのファイルサーバーなどそれぞれの用途に合わせたサーバーがあります。クラウドストレージの場合はファイルサーバーにデータを保存することになりますが、クライアントからインターネットを通して「保存したデータを取り出したい」というリクエストを受け、サーバーはその情報を送ってくれるのです。

クラウドストレージのメリット

「会社のデータがすべて消えてしまう」、普段はそんなことを考えることはほとんどないでしょう。しかし、たった一度でも会社内の重要なデータが無くなってしまったら、会社を継続することさえ難しくなることも。また、パソコンはいつか必ず壊れるものです。大事なデータは安心に管理されていますか?

そんな不安を解消するのがクラウドです。クラウドストレージによって会社全体でファイルを一括で管理でき、万が一に備えたバックアップをとることもできます。クラウドが注目されている現在では、低コストで大容量のデータを保存できるクラウドサービスが次々登場し、多くの企業が導入へと乗り出しているのです。


クラウドをもっと知りたいあなたへ
あなたの身近にあるクラウドサービスとは?
クラウドのメリットとは?
クラウドでどんなことができるようになるの?

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ