郡山市内でも、SNS(ソーシャルネットワークサービス)などを活用したクラウドによるリアルタイム広告を配信しているお店や企業がたくさんあります。しかし、Facebookが今衰退していると言われているのをご存知でしょうか?

友人や知り合いとリアルタイムにやり取りできるSNSで中心となったFacebookですが、最近では10代のユーザーがどんどん減少しています。取っつきやすく新しいものが好きな若者にとって、実名で登録しなければならず、世間に浸透しきっているFacebookには興味が薄れていっているのではないでしょうか。

そこで、今若者の間でブームになっているのがLINEです。短い文章を気軽にやりとりすることができ、メールよりLINEのようなメッセンジャーアプリの方がはるかに利用頻度が高いという若者も多いでしょう。
クラスメート・部活動など所属するグループが限られ、社会人に比べて交流の幅が狭い学生にとっては、内向きにコミュニケーションをとるツールとしては多機能なFacebookよりLINEの方がシンプルで取っつきやすいのです。

しかし、10代のユーザーが離れていったからといってクラウドを活用したリアルタイムの広告をメッセンジャーアプリにシフトすれば良いか?といえばそうではありません。

そこで、あなたが提供しているサービスや商品のターゲットは誰なのか?に焦点をあてます。関わりが広く、未知の人間と出会う機会も多い大人にとって、たとえブームが過ぎてしまったとしてもFacebookはコミュニケーションを取り、人間関係の輪を広げる重要なツールです。これからも根強く活用するユーザーは多いでしょう。

インターネットは移り変わりが激しく、5年前と同じネット広告の方法では顧客の減少につながります。あなたがお知らせしたい商品・サービス・イベントなどが若者向けか、大人向けかなどターゲットによって使用するツールも変化させていく必要があります。

あなたの会社では、どのようにネット広告を活用していますか?ネット広告を改善したいとお考えなら、クラウドサポートTKBS郡山にお気軽にご相談ください。

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ