ビジネスパソコンの選び方

2014年4月9日にWindowsXPのサポートが終了したことは、福島県郡山市の中小企業の皆様もご存知ですよね。

使い勝手の良さから長らく選ばれ続けてきたOS(※)だっただけに、今だWindowsXPを使用している企業も少なくはないようで、それを問題視する声が上がってきています。

あなたの企業ではまだWindowsXPを使用していませんか?

WindowsXPを使い続けていると危険です。

一般的にはサポート終了後のOSは使わないようにと言われています。

※:WindowsXPやVista、7(セブン)など、システム全体を管理するソフトウェア

WindowsXPの使用による危険を防ぎましょう

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)による「勤務先でのパソコン導入に関する調査」にて、自社でどんなOSを使っているかの集計が出されました。

こちらの集計によると、全体の約7割の企業に「WindowsXPがまだ存在している」という結果になりました。

この結果から、まだ多くの企業にサポート切れのOSのパソコンが多く残されているということが読み取れます。

サポートが終了したということは、パソコンのセキュリティが完全ではないため、ウイルスに感染してデータが消えたり、パソコンが使えなくなったり、パソコンを乗っ取られて犯罪に悪用されてしまう危険があります。

そのような危険な状態を防ぐためにも、いち早くWindowsXPより新しいOSであるWindows7、Windows8、Windows8.1の使用に切り替えることをお勧めします。

危険な状態を防ぐためにもパソコンの買い替えを!

現在お使いのパソコンのOSを新しくする方法もありますが、パソコン自体を新しいOSのものに買い替える場合に重要視すると良いポイントをご紹介します。

ビジネスパソコンの選び方

セキュリティ対策
仕事をするうえで、企業の機密データが外部へ流出などしてしまったら大変ですよね。パソコンの機能として指紋センサーやデータ暗号機能が付いているものを選びましょう。
携帯性
仕事でパソコンを持ち歩く必要がある方は、大型サイズのノートパソコンとなると結構大きさや重さもありますので、スリムで軽いものを選ぶと良いですね。選ぶ画面サイズの目安は、大きくても画面が12~14型のものがおすすめです。キーボードの面積や画面のサイズが小さくても小型で軽量が良いのであれば、10型くらいがおすすめです。
性能
ビジネスパソコンでは、実はそれほど高い性能は必要ではありません。しかし、ワードやエクセルなどのソフトを使う際に、容量の大きいファイルを使ったり多数のファイルを開くと、読み込み等の処理に時間がかかってしまいます。なるべく性能が高いパソコンのほうが便利で、動作が重くなる事が少なく、ストレスを感じにくいとは言えます。
メモリーの容量
いくらパソコンの性能が良くても、メモリーの容量が少ないと処理がもたついてしまいます。作業効率を重視するなら、メモリーの容量はできるだけ多くしておくのがおすすめです。
液晶モニター
画面がピカピカしていて光沢がある液晶モニターは画質が良いですが、仕事で使うのであれば、目の疲れを抑えるために光沢が抑えられたものがおすすめです。
バッテリー駆動時間
持ち歩いて使う機会が多い場合はバッテリー駆動時間が重要です。バッテリー駆動時間が5~6時間あれば十分だとは思いますが、それでも足りない場合はバッテリーを別途購入し予備バッテリーも使う方法もあります。
耐久性
パソコンを持ち歩く場合は衝撃吸収や耐圧に強いパソコンがおすすめです。耐久性に優れ信頼性が高いものを選びましょう。

クラウドサポート郡山では、郡山市を中心とする福島県の中小企業が、クラウドによって業務改善や効率化を実現できるよう、全力でサポートさせていただきます。

ビジネスパソコンの選び方が分からない!そんな疑問にもお答え致します。

お気軽にご相談ください。

クラウドに関するお役立ち情報はこちら
仕事で使えるiPad・タブレット活用法!スマートにキマる5ポイント
無線LANとWi-Fiの違いとは?意外と知らないIT知識のおさらい
どこでもPCでネットが使える!スマホのテザリング機能とは

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ