業務の効率化を求める企業において、クラウドサービスは急速な広がりを見せています。

一方、クラウドの導入に興味はあるがどんなクラウドサービスを選んだら良いのか分からない、実際にクラウドを導入した際どんなメリットがあるのか分からないといった理由で、クラウド導入に踏み切れない企業も多いようです。

クラウドサービスのメリットが分からずクラウド導入について判断できない企業は、クラウドサービスならではのメリットを正しく理解することが必要になってきます。

各企業によって選ぶべきクラウドは違ってくるため、ビジネス向けクラウドの中でも知名度の高い”Googleドライブ”、”box”、”Dropbox”、”OneDrive”の4つのクラウドサービスをご紹介します。

ビジネス向けクラウドサービス紹介

Googleドライブ

ビジネス向けクラウドGoogleDrive
Apps Vault
最低ユーザー数 1名以上 1名以上
ユーザー毎の月額 ¥500 ¥1,200
ストレージ容量 30GB 無制限
※5ユーザー未満は1TB/1ユーザー
1ファイルサイズの制限 5TB 5TB

Googleの沢山のツール(Gmail、ビデオ会議、カレンダー、ドキュメント、管理ツールなど(Google Apps))と連携できるので、複数のユーザーとのリアルタイムでの共同作業が簡単にできます。

しかし、Googleドライブにファイルをアップすると、ファイルの利用権をGoogleに与えることになります。このライセンスはユーザーがサービスの利用停止をしても継続されるので注意したい点です。

スケジュールツールで社員のスケジュールを管理するなど、グループやチーム全体で利用することで、連携を強めたい企業にオススメです。

box

ビジネス向けクラウドbox
Business Enterprice
最低ユーザー数 5名以上 5名以上
ユーザー毎の月額 ¥1,800 ¥4,200
ストレージ容量 無制限 無制限
1ファイルサイズの制限 5GB 5GB

ファイル一つにしても、ユーザごとにアクセス権限を細かく設定ができる点や、100種類以上の拡張子のファイルをbox上でプレビューすることができる点など、よりビジネス向けのサービスに特化しています。

ファイルの暗号化やアクセス可能なデバイスの管理など多数のセキュリティ機能が提供されています。
「どのユーザーがいつどのようなファイルを閲覧したか、アップロード/ダウンロードしたか…」といった約50種類のログを取得でき、不審なことをしているユーザがいないかなどを細かくチェックすることができます。
また重要なファイルをBox上に保存する場合は、指定したフォルダ内のファイルがダウンロードする度に管理者に通知する設定ができるなど、高度なセキュリティを求める企業にオススメです。

Dropbox

ビジネス向けクラウドDropbox
Dropbox プロ ビジネス向け Dropbox
最低ユーザー数 1名以上 5名以上
ユーザー毎の月額 ¥1,200 ¥1,500
ストレージ容量 1TB 必要な分だけ追加
1ファイルサイズの制限 無制限
※Webサイトからは10GB
無制限
※Webサイトからは10GB

Dropboxは選択型同期が可能で、必要なものを必要な分だけ同期できるので、無駄なデータをPC内に置いておく必要がありません。

しかしDropboxはあくまで「ファイルの格納庫」であり、オンライン上で編集などは出来ないため、スマートフォンやタブレットの場合、せっかくファイルと共有できても作業するまでには障壁があります。

Dropboxの最大の特徴は動作が軽快な点です。離れた場所からクラウド内のファイルが更新されたりしてもタイムロスが出にくいので、遠くに拠点を持つ企業にオススメです。

OneDrive

ビジネス向けクラウドOneDrive
最低ユーザー数 1名以上
ユーザー毎の月額 ¥410
ストレージ容量 1TB/ユーザー
1ファイルサイズの制限 10GB

ビジネスでも使用頻度の高いMicroSoft社のクラウドなので、OneDriveに保存したMicrosoft Officeの文書を、同社のウェブサービス「Office Online」で開いたり編集できることが最大の強みです。

職場のMicrosoft Officeで文書を作成しOneDriveに保存しておけば、外出先や自宅からでも作業の続きができ、効率良く仕事を進められます。
OneDriveに保存したMicrosoft Office文書をプロジェクトチーム間で共有すれば、離れた場所にいるメンバーとも同じデータを効率良く扱うことができます。
Microsoft Officeのソフトを使用している企業にオススメのクラウドです。

ビジネス向けクラウドサービス比較

上記で紹介した”Googleドライブ”、”box”、”Dropbox”、”OneDrive”の4つのクラウドサービスを一覧にまとめます。

各企業によって重要視すべき点を比較してみてください。

項目 Googleドライブ box Dropbox OneDrive
Apps Vault Business Enterprice Dropbox プロ ビジネス向け DropBox
最低ユーザー数 1名以上 1名以上 5名以上 5名以上 1名以上 5名以上 1名以上
ユーザー毎の月額 ¥500 ¥1,200 ¥1,800 ¥4,200 ¥1,200 ¥1,500 ¥410
ストレージ容量 30GB 無制限
※5ユーザー未満は
1TB/1ユーザー
無制限 無制限 1TB 必要な分だけ追加 1TB/ユーザー
1ファイルサイズの制限 5TB 5TB 5GB 5GB 無制限
※Webサイト
からは10GB
無制限
※Webサイトからは10GB
10GB

クラウドは企業に大きなメリットをもたらす

各クラウドサービスを企業内で利用することによる業務の効率化は、とても大きなメリットとなります。

一般的なクラウドサービスはサポート体制が地域密着型ではないため、トラブルなどに対応できない事が多くあります。 クラウドサポート郡山では、中小企業だけでは解決できないトラブルのご相談を承ります!
福島県郡山市でクラウドの導入を考えている中小企業様は、クラウドサポート郡山へご相談ください。

クラウドサポート郡山は、福島県郡山市の中小企業のIT業務改善を全力でサポートします。
そろそろ本気で知りたい!クラウドってなんだろう?
クラウドが中小企業に与えるメリットとは?

お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ
お問い合わせかこちらから

< 提携先 >

トップイメージ
トップイメージ
トップイメージ